輸入キッチンメーカーのカタログを無料で一括請求。たくさんの輸入キッチンブランドを知る専門家が中立的な立場でサポート。あなたのご予算や要望にぴったりのアメリカ・ドイツ・イタリアの輸入キッチンをご提案します。

施主支給について

施主支給とは?

新築・リフォーム工事を行うお施主様ご自身でキッチンなどの建材をインターネットなどで直接購入し、組立・設置・取付工事だけを建築会社様へ依頼する事です。現在は施主支給を受け入れる会社も増えてきていますが、断られる場合もあるので、契約前に依頼先に確認を取って下さい。

施主支給のメリット、デメリット

【メリット1】
指定商品以外の、自分の希望に合った商品を自由に選べる。

【メリット2】
卸問屋や建築会社様の中間マージンが省けるためコストダウンが可能になる。
※建築会社様によって別途手数料や搬入諸経費がかかる場合があります。このような経費が発生するかどうか事前に確認した方がいいでしょう。

【デメリット1】
ご自身で商品の選定や見積入手はもちろんですが、工事の進行にあわせ商品の納品手配や搬入日時の調整・確認、建築会社様との打ち合わせなどの手間が掛かる。お任せではうまくいきません。ある程度は時間とパワーを割く必要があります。

【デメリット2】
工事後の保証、アフターメンテナンスの窓口について、商品は各メーカー、施工は建築会社様と分離されるケースがほとんどですので、連絡先窓口の一本化が出来なくなる場合がある。責任範囲が不明瞭な場合はリスクが発生する。
※施工中や施工後の保証、アフターでのトラブルを回避するために、建築会社様と支給会社(当サイトなど)が、どちらがどこまで施工や責任を担当するのかを事前に明確に区分することが必要不可欠です。

施主支給について

キッチンキャビネットを施主支給される場合は、検討段階であっても、『キッチンは自分で用意する可能性があります』と早めに建築会社様へお伝えください。

なぜかと言うと、通常、見積書のキッチンの項目に建築会社様の利益が含まれております。施主支給にするということは、建築会社様から見ると、その分の利益が削られる事になり、利益計画が狂ってしまいます。

ですので、 見積提出後の施主支給は、後だしジャンケンと同じようなものである事を理解してください。

建築会社様によっては、施主支給が認められない場合や別途管理手数料や搬入諸経費がかかる場合がありますので、上記のような事情も考慮しながら交渉してください。円滑に施工を進めるためにも、建築会社様の協力は必要不可欠です。

施主支給は、以上のようにメリットとデメリットがあります。どれだけのコストダウンが図れるのか?をしっかり把握して、そのコストは、自分の時間やパワーを使うだけのものか?リスクを享受できるものなのか?を考慮してご判断していただきたいと思います。

このページの先頭へ