輸入キッチンのようなおしゃれ感と割安感を最優先に考えた高級キッチン格安販売ブランドのユーロキッチンズ

輸入キッチンのメリットとデメリット

国産の規格型システムキッチンをいろいろ見て、『何かイメージと違う?』『もっとこだわりたいのに?』など 満足できない方には、輸入キッチンをおススメしております。国産のシステムキッチンと何が違うのか?そのメリットとデメリットと具体的にご説明したいと思います。

複雑なレイアウトでも優れたコストパフォーマンス

I型やL型など決まったレイアウトであれば、国産システムキッチンの方がコストパフォーマンスが高くおススメですが、アイランドキッチンやコの字型キッチンなど複雑なレイアウトになると規格外になり、逆に割高になってしまいます。その場合は、輸入キッチンの方が割安感があります。

 

また、輸入キッチンであれば、こだわっているところとそうでないところでお金の掛け方にメリハリをつけることができますので、全体の費用を調整することができます。

レイアウトを要望にピッタリ合わせ、使えるスペースを最大限に活用

キャビネットを自由に組み合わせる事ができるので、何通りものレイアウトプランを検討できます。ありきたりのレイアウトでは満足できない方には輸入キッチンがおススメ。

特にリフォームの場合は、使えるスペースが決まっているので、お客様のイメージや要望を実現するためには、規格型システムキッチンでは難しい場合が多くありますが、輸入キッチンではフレキシブルに対応できますので、無駄なスペースを減らすことができます。

イメージ通りのデザインスタイルが実現

好みのデザインスタイルにしたり、大好きな素材を組み合わせたい場合は輸入キッチンがおススメです。特に国産システムキッチンでは対応しにくいナチュラルスタイルやカントリースタイルのインテリアにピッタリです。

キャビネットの扉材はもちろん、どんなカウンタートップと組み合わせるのか?シンクは?その他、水栓金具などのパーツも含めて、思い通りにコーディネートできます。

さらにビルトインできる設備機器も国産メーカーでも海外メーカーでもお好きなものを選ぶことができます。

輸入キッチンのデメリット

費用が高くなってしまう傾向がある

どうしてもこだわりを実現するために張り込んでしまう場合があるので、事前にしっかりと見積りを取って、コストを検討して、予算を決めたほうが良いかも知れません。

こだわりというものはできなければ、あきらめられるのですが、できるとなると何とか実現したくなるのが人間の性ですよね。

調べたり、考えたりする労力が必要

選択肢が多い分、最終的に決定するまでに労力と時間が掛かります。いろいろ調べたり、考えたりする事があります。輸入キッチンの知識が必要になる場合も多々あります。

人によっては面倒だとお感じの方もいらっしゃると思いますので、その場合は、ある程度、建築会社様にお任せしたほうが良いかもしれません。でも時間と手間をかければかけるほど、キッチンに対する愛着度は増え、より満足度が高くなるようです。

契約してから、工事が完了するまでの時間が掛かる

受注生産品の場合、発注してから納品まで時間がかかることがあります。また輸入キッチンの場合は、さらに海外からの海上輸送に時間が掛かってしまうので、特にリフォームの場合は注意が必要です。

このページの先頭へ