輸入キッチンメーカーのカタログを無料で一括請求。たくさんの輸入キッチンブランドを知る専門家が中立的な立場でサポート。あなたのご予算や要望にぴったりのアメリカ・ドイツ・イタリアの輸入キッチンをご提案します。

サイトのミッション

当サイトは、”輸入キッチンをもっと普及させる”というミッションの元に運営されており、輸入キッチンに少しでも関心を持っていただいた方が、時間や手間を掛けずに検討できるようなサポートを心がけております。

私がこのサイトを立ち上げた理由は、輸入キッチンを希望している方は、たくさんいらっしゃるのに、最終的には諦めてしまう場合が多いと感じているからです。

正直言って、同じ金額であれば、国産システムキッチンよりも、輸入キッチンの方が、絶対に満足度の高いキッチンが実現できるのに、本当にもったいないことだと思います。

なぜ、輸入キッチンを諦めてしまうのか?

一番の原因が、『検討するために必要な情報が足りない』からだと思います。

国産システムキッチンのショールームを回っても、どうも気に入らない。そんな方が、もっとおしゃれに、もっと自由にしたいと思い、輸入キッチンを検討されるのですが、

『自分の要望や予算に合ったブランドはどこなのか?』
『大体どれくらいの価格になるのか?』

など、見当もつかないのです。

建築会社に相談してみても・・・

本当は、建築会社が積極的にサポートしてくれるのが理想ですが、なかなかそうはなりません。

現実では、お客様が輸入キッチンを要望しても、積極的に相談に乗ってくれる建築会社は、あまり多くありません。

逆に『すごく高いですよ』とか『納期がかかりますよ』とか『メンテナンスが大変ですよ』など、いろんな理由を駆使して、何とかして諦めさせようとする場合もある位です。

あなたが、このサイトにいらっしゃったということは、もしかしたら、既にそのような対応をされているかもしれませんね。

実は建築会社がこのように、輸入キッチンに積極的になれないのには理由があります。私は建築会社の立場にもいましたので、なぜこのような対応になるのか、よく理解できますし、仕方がないのかな~と思ってしまいます。

建築会社が輸入キッチンに積極的になれない理由とは?

なぜならば、家全体を扱う建築会社からすれば、キッチンは全体の一部分でしかなく、できるだけ手間や時間、お金を掛けたくないというのが本音なのです。

 

ほとんどの建築会社は、輸入キッチンの知識や経験がありませんので、そのような要望にお応えするのが、とても難しく、そして面倒だと感じてしまうのです。

 

国産システムキッチンであれば、メーカーカタログを渡して、近くのショールームに連れて行けば、後はプランニングから機器の選定、図面作成、見積作成、設置、メンテナンスまで全部、メーカーに丸投げできるので、とても楽なのです。

本来であれば、お客様のニーズにお応えすべく、輸入キッチンの知識や経験が豊富な人材を雇うなど、体制を整えられれば良いのですが、経済状況の厳しい現状では、なかなかそのような余裕はありません。(そもそも輸入キッチンを要望するお客様も多くありませんし)

その他にも、いつも利用している仕入先との関係を考慮したり、知らない会社と取引するリスクを避けたいという意味合いもあり、輸入キッチンに対して積極的になれないのです。

本屋に行っても、インターネットを調べても・・・

建築会社が積極的でないのであれば、自分の力で何とかするしかありません。

インターネットで検索すれば、いくつかの輸入キッチンブランドのサイトが見つかりますが、綺麗な画像やショールームの情報などは記載されているのですが、そのブランドの強みや特徴などは全然わからないし、価格などの本当に欲しい情報も記載されていません。

さらに、高級感のあるサイトが多く、諦めの早い人はこの段階で、『きっと高いんだろうなー』『私には無理だなー』と早々に諦めてしまうことでしょう。

もう少し頑張れる人は、じっくりサイトを研究したり、資料を取り寄せたりして、情報収集するのですが、いくら見比べても、とても比較・判断できないと思います。
※送られてくるカタログは、ほとんど英語で書かれていますしね(笑)

何ヶ所もショールームを回って、それぞれ打ち合わせをすれば、必要な情報は得られるのでしょうが、家づくりをしているときは、その他にも考えなければならないことは山ほどありますので、キッチンのことだけにそこまで時間もかけられません。(日常の仕事や家事もあります。)

本当にもったいない!

結局、何がなんだか分からないことだらけで、面倒くさくなり、チャレンジして失敗するのも嫌なので、建築会社が強力に推し進める、間違いのない国産システムキッチンに落ち着いてしまうというパターンが本当に多いと思います。

私は、このような状況を何とか打破したいと思い、輸入キッチンを検討される方のお役にたてるサービスを立ち上げようと考えたのです。

私がお役に立てる事は次の3つです。

1.厳選された輸入キッチンブランドの情報を手間を掛けずに知る事ができます。

・ショールームはどこに行けばよいのか?
・どんなブランドがあるのか?
・どんなデザインの種類があるのか?
・どんな特徴があるのか?
・価格の目安はどのくらいなのか?
・どんな会社が輸入しているのか?


などの検討に必要な情報を積極的に提供します。

価格についての誤解

特に価格について、世間一般的には輸入キッチンは、とても高額だと思われています。

もちろん、500万とか1000万円もするような超高級キッチンもありますが、よく売れているのは大体200万から300万円が多いです。

国産システムキッチンでも、少しレイアウトや機器にこだわったり、上位グレードを選ぶと、結局は近い金額になりますので、特段高いということは無いと思います。

2.ショールームに行かなくてもプラン・見積を依頼できます。(全国対応)

家づくりの計画中は、日常の生活と並行しながら、考えなければならないことが山ほどあります。

通常、見積を取るためにはショールームに行く必要がありますが、 遠方の方はなかなか足を運べませんし、近くても、時間が取れない方もいらっしゃいます。

当サイトでは電話やメール、FAXを活用することで、手間を掛けずに、プラン、見積をご提案できますので、 近くにショールームがない地域にお住まいの方でも、時間をかけずに計画を進めることができます。

3.中立な立場の専門家に相談できる。

輸入キッチンの専門家として、電話やメールにて無料相談を受け付けておりますので、お気軽にご利用いただければと思います。輸入キッチンについて、家づくりについて、なんでも結構です。

もしかしたら、今あなたの頭の中は、ごちゃごちゃしているかもしれません。

そんなときは、ぜひお声を掛けてください。人に話をするだけで、頭の中がすっきりすることもあります。

そろそろ『あなたは一体、何者なんですか?』と考えていることでしょう。

ここで、簡単に私の事について、お話しさせていただきます。

私は昭和49年に富山県で生まれ、現在は茨城県石岡市という筑波山のふもとにあるとても自然豊かな場所で生活しています。(要は田舎ですね)

私は、約10年前より仕事の関係で、輸入住宅に関わっており、輸入キッチンとはそこで出会いました。

輸入住宅を建てる場合、輸入キッチンを採用することがほとんどでしたので、どの物件にも素敵な輸入キッチンが設置されており、私は輸入キッチンが大好きになりました。

ふと、周りを見渡すと、輸入キッチンというのは、とてもマニアックな商品で、一般的にはなかなか受け入れられていないし、そもそも知られてもいないということを知り、大変驚きました。

『なんでこんなに魅力的な商品が広まらないのだろう?』
『もっと一般的に認知されるべきだ!』

という、怒りに近い感情を持ち続けていました。

その後、 いろんな機会を見つけて、『こんな素敵なキッチンがありますよ!』『このくらいの金額で出来ますよ』など、教えてあげると、皆さんびっくりしながらも、大変喜んでいただけました。

2008年に輸入キッチン応援団を立ち上げ、何百人もの相談を受けてきました。

そんなこともあり、2008年に私は輸入キッチンのサイトを立ち上げ、もっと幅広くいろんな人に輸入キッチンを知ってもらい、喜んでもらおうと考えたのです。

輸入キッチンと出会って約10年になりますが、これまでに何百人もの相談を受けてきました。

それに伴い、当初はアメリカキッチンがメインでしたが、相談者のご要望に合わせて、ドイツキッチンやイタリアキッチンへの知識やネットワークも増え、幅広い選択肢の中でお応えできるようになりました。

私の強みは、お客様の立場も、建築会社の立場も、輸入キッチンブランドの立場もそれぞれの立場が分かっていながらも、中立的な立場が取れるということです。

複数のキッチンブランドを知っておりながらも、特定にブランドに所属しているわけではありませんので、何のしがらみもない状態で、お客様のご要望や予算に合わせて、総合的に判断し、最適な方法をご提案できるのです。

現在は、おしゃれで割安感のあるオーダーキッチン格安販売ブランド『ユーロキッチンズ』の展開やオーダーキッチン情報ブログオーダーキッチン屋が教える海外キッチン家電の選び方などによる情報提供により、魅力的なオーダーキッチンや高級キッチン家電、海外のビルトイン機器がもっと一般的に普及されるように日々取り組んでいる。

3つの条件をクリアできるブランドを厳選して

さらに現在では、私の主観だけで選ぶのではなく、誰が聞いても納得できるような客観的な条件を設定し、その条件をクリアした厳選されたブランドだけをご提案するようにしました。

(1)10年以上の実績・歴史がある。
(2)専任のスタッフや施工部隊がいる。
(3)ショールームで実物が確認できる。

私はキッチンブランドを選ぶプロフェッショナルです。

私以上に輸入キッチンのプランニングやデザインに詳しい専門家はたくさんいますが、私はお客様にあったキッチンブランドを選択するプロフェッショナルです。

繰り返しますが、多くの輸入キッチンブランドを知り、中立の立場で客観的にアドバイスできますので、よりあなたに合った輸入キッチンの実現をサポートできるのです。

もちろん、複数ブランドを紹介することもできますので、その中で、最終的にお客様が選ばれてもよいと思います。

あなただけのキッチンにもっとこだわってみませんか?

今、検討しているキッチンは、あなたの好きなインテリアデザインに合っていますか?間取りや動線に合ったレイアウトになっていますか?本当はこだわりたい機器や素材は使えていますか?

お仕着せのいくつかのパターンから選ぶだけで、本当にあなたにぴったりのキッチンライフが送れそうですか?

もしかしたら、これが最後のキッチンかもしれません。もう1歩踏み込んで考えてみませんか?

もちろん、国産のシステムキッチンはとても優れています。収納力があり、とても使いやすそうで、私もカタログを見ると、いろんなプランがあって迷ってしまいます。(I型255cmなどの標準的なレイアウトで決まったデザインや仕様であれば、ものすごくコストパフォーマンスも高く、すばらしい商品だと思います。)

しかし、残念ながら、国産のシステムキッチンメーカーでは、こだわりを実現する事が難しい場合が多いのが現状です。

キッチンが変われば、人生が変わる!

そんな大げさな、なんて笑われそうですが、私は確信しています。キッチンが変われば、毎日の生活が変わります。

つまり、キッチンが変われば、気分が変わる、料理が変わる、生活パターンが変わる、そして、あなたが変わり、あなたが変われば、家族も変わるのです。

大げさに言うと、家族みんなの人生も良い方向に変わっていくのです。

自分の好きな物や色に囲まれて、キッチンという空間にいることがすごく楽しくなったり、今までより効率よく家事をこなせるようになって、できた時間で今までできなかったことに手をつけてみたり。

そして、今まで自分以外誰も足を踏み入れなかったキッチンに子供や気の置けない友人が集まって、楽しい時間を過ごせるようになったり、そんな変化を目の当たりにしてきました。

検討もしないで選んでしまうのは、本当にもったいない!

私が一番お伝えしたいのは、国産システムキッチンだけで選んでしまうのではなく、両方を見ていただき、その上で選んでいただきたいと言う事です。

これからずっと使っていくキッチンに、どれだけ要望を詰め込むのか?を考えた上で、お客様の価値感に照らして、ご判断頂ければと思います。

前述したように、私は家作りにも関わった経験がありますが、奥様が自分の気に入ったキッチンをあきらめて、家が建った後に、ものすごく後悔している様子を何回か見たことがあります。

極端な話ですが、キッチンさえ満足できれば、それだけで家全体の満足度が上がるとも言えますので、予算的に苦しい状況もあるかもしれませんが、配偶者様ともよく話し合って、後悔のないようにしてくださいね。

具体的な計画中の方は、急いだほうが良いですよ。

もし、具体的に新築やリフォームの計画があるのであれば、お早めにご相談くださいね。

輸入キッチンは、納期が長いことはもちろんですが、家全体の予算を早めに把握することが大切ですし、もし、施主支給契約になるのなら、早めに建築会社に連絡したいところです。

また、キッチンのレイアウトを再検討することにより、家の間取りも少し変更したくなることも良くあるからです。

私に相談するデメリットやリスクは全くありません。もちろん、無料でサポートさせていただきますので、お金もかかりません。

あなたの想いやご要望を聞かせていただければ、一番ベストな方法をお伝えすることができます。私には、それだけの専門的な知識や経験もあり、もちろんお役にたてる自負もあります。

メールでもお電話でも大丈夫です。
あきらめないで、一緒に想いを現実にしましょう。

最後に

このサイトを通じ、私はできるだけ多くの方の輸入キッチンの実現をサポートしたいと考えています。そして、満足できるキッチンが実現し、喜んでくれる方が一人でも多くいらっしゃれば、とてもうれしく思います。

 

最後になりますが、当サイトが皆様のキッチンライフに少しでもお役に立てれば、これ以上の喜びはありません。皆様が素敵なキッチンと出会えますように応援してます!

 

このページの先頭へ